Profile

James

Author:James
1953年産。鍼灸師。“やしのき興行”代表取締役。所属タレント;やしのきボーイズ、やしのきブラダーズ(以上ハワイアン)、ジェイムズ川口とやしのきロマン(ムード・コーラス歌謡)。趣味;日系ローカルごっこ。山内雄喜の弟子。
(写;まあさん)

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Links
QR code
QRコード
Since April 2009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
Atta Isaacs
わおっ !!!  Atta Isaacs のCDが届きました。

  みなさん御存知のスラッキー界の巨匠です。

一ヶ月前ぐらいに発売のお知らせが届き、ず~~~っと 「 どんなアルバムなんやろなあ??? 」 とドキドキしてました。

  彼は録音の数がとんでもなく多くて 「 さて、どの録音を入れてくれてるんやろ ? 」 とか 「 未発表はあるんやろか ? 」 とかね、、、。夢はふくらむばかりです。



「 Atta Isaacs / The Legendary Atta Isaacs Innovative Slack Key Master 」 ( Cord International HOCD 2015 ) 2010


 さて、どんなアルバムかしら?

Atta のスラッキー・ギターを中心とした完全インスト・アルバムです。


 未発表はありませんでした。 うん、なるほど、、、、。


 このCDに収録されて音源となっているアルバム(LP)は、、、、、、。




「 Atta Isaacs / Atta 」 (Tradewinds RecordsTS 1126 ) 1971


唯一の Atta 名義のアルバムです。つまり代表作です。ってことは名盤中の名盤で、「 持ってない人は今すぐ買ってね 」 盤です。このLPの全12曲が入ってます。


 今回のアルバムは2CDセットでありまして、このアルバムが1枚のCDに入ってます。


 LPで聞くのも良いけど、こうやって新譜のCD聞くのもいいなあ、、、、、。




  次のもう1枚は、いきなり私の持ってないアルバムからでした。


  「 Hauoli 」 ( Sounds Of Hawaii 5026 )


  だから写真は無しね、、、、、。 おっ! レコード会社が  Sounds Of Hawaii !!!ってことは、ヤング通りで録音ね!!


  スティール・ギターに Barney Isaacs とビブラフォン、それにベースは 「 多分、 Norman Isaacs  ちゃう ?」 って書いてます。

 兄弟のバーニーのスティール・ギターとパートを分け合って弾いてます。

  いいなあ、、、、この夢の世界に入って行きそうな、とろけるサウンド、、、、、。

  このアルバムから 2曲入ってます。





  そして、


「 The New Hawaiian Band 」 ( Trim Records TLP 1975 ) 1975


  ウクレレがオータサン、スティールには同じくバーニー・アイザックス。 ベースは三島敏夫でおなじみの(?)  James Kaopuiki 。 ビブラフォンにはベニー・サックスによる The New Hawaian Band です。


 こちらも 「 Hauoli 」 同様の素晴らしい演奏が楽しめます。 こっちの方のサウンドが若干ワイルドかな?

  このアルバムからは 3曲です。

 





 そして!!泣く子も黙る、「タケモト・ピアノ」クラスの、、、、


「 Two Slack Key Guitars 」(Tradewinds RecordsTS 1124 ) 1969

  です。


 盟友ギャビー・パヒヌイとのデュオ・アルバムという、とんでもないタッグ作品。クラッシャー・リソワスキー&ディック・ザ・ブルーザー・アルフィス並の超強力コンビです。ペドロ・モラレスとピーター・メイビア組に置き換えても可です。もう、めっちゃめちゃ強い!!!歯向かい様がありません。

  そこから4曲です。とことん 素晴らしいダ・カインぶりに酔いしれて下さい。


   さて、この2枚組CD。24ページに渡るブックレットには珍しい写真が一杯で、スラッキー・ギター界の大恩人ジョージ・ウインストンによる詳しいライナーに大満足です。特に各曲のスラッキー・チューニングと曲の解説はアメージング !!であります。


ハワイの好きな方は是非聞いて下さいね。そうでない方もね!!


ん??? CDに Slack Key Master Series て書いてあるんで、これから他にも 素晴らしいスラッキー弾きのアルバムも出そうですよ。楽しみね。


lataz

スポンサーサイト
2010.09.10 Fri | 最近手に入れたLPやCD | Trackback(-) | Comments(-)
ハワイアン Hip Hop
Howzit !

 こんなコーナーも始めてみました。 「最近手に入れたCD、LP」ってやつです。

 リリース年度には関係なく私が最近買うたLPやCDを紹介します。

 そんなんせんと、早くLedward Kaapana しなさいって ? ほんまですねえ、、、、。

 やろうとしたら、今日郵便ポストにこんなCDが入ってまして 「おっ!!来たか !! 」 ってね、、、、。


  これです。
 

「 Kaimana / Hawaiian Punch 」 (Young Side Records YSR 401)     2003       CD


 完全なハワイアン・ヒップ・ホップです。

 マカハ地方で聞いたり、そこを想像して聞くとしたら IZ とか Makaha Sons Of Ni'ihau が涙ものです。


 しかし、車でウロウロしてて迷い込んだ先が 「 ここはハワイやけど、観光客立ち入りお断り 地区ちゃうの ?? 」 を想像するなら、やっぱり ハワイアン・ヒップ・ホップ しかないでしょう。 人通りの少ない倉庫街の裏通り。


 ヒップ・ホップのイメージは「 タフでなければ生きていけない 」てなストリート感覚がいいですねえ、、、。


 あ、私のラップ・ミュージックに関する知識は1990年で終わってますから、、、、、。今はどんな感覚で流行っているんでしょう、、、、、????


 とにかくハワイの裏通りミュージックはこんなんがカッコいい!!!


 まあ、もっともこの Hawaiian Punch は 教会で “ 個人、家族、教会の reform を ” を叫んでおりまして決して「 やばい地域 」ラップではありませんが、、、、。


 しかし英語の聞き取りが出来ない私としては、これで十分なんです。 




  次です。



「 Hawaii / One Nation Underground 」 ( Shrapnel Records 1009 ) 1983



  TVでもおなじみやし、世界的にもすんごいギタリスト マーティ・フリードマンが ハワイ時代 ( バンド名もハワイなら、リリースされたのもハワイです ) に組んでいたグループの1枚目です。

 80年代のヘビー・メタル・ロックでギターがギュギュ~~~ンっていうてます。

 若さに任せて勢いのみで録音してしまった感じです。でも、これはとっても大事なことやし貴重な経験なんです。

 プロデュースが あの Pierre grill が担当してます。 Pierre grill は自分の Rendez-Vous Recording スタジオを持ち、80年代以降の様々なハワイアン・ミュージック・シーンに関ってきました。 Dave tucciarone と共にこの時代のプロデューサーとして最重要人物です。

 Pierre grill は素材が粗いバンドをそこそこ「 商品 」に仕上げる腕が見せ所なんですが、ここでは仕上げてませんね。もう、若い奴らにやらせたい放題やらせているって感じです。Pierre grill も若かったし、その技が未だ無かったか、それとも 「 こういった時代の音を記録しよう、、、」と思ったかですねえ、、、まあ、前者でしょうけど、、、、。
 

 私は、こういった時代の生々しい音って好きなんです。とっても、その時代のハワイが身近に感じられるからです。同じ理由で、ハワイアン・パンク・ロックも好きです。





「 Hawaii H.M. / The Natives Are Restless」 ( Shockwaves SW 01 ) 1985


これは以前、ハワイの中古店で買うた彼らの2nd アルバム、LPです(あ、上のもLPね) 。


このジャケット写真、カカアコ・パーク辺りで撮影したんかなあ、、、???



 これも同じPierre Grill のプロデュースですが、こちらはかなり、プロとしての仕事がなされていて、 しっかり 「 商品 」 として仕上がってます。

 マーティ・フリードマンは日本でジェロや石川さゆりのバックでギュンギュンとギターを弾いて決めていますが、このアルバムに 「 Omichan No Uta 」 というタイトルで ♪ さくらあ、、さくら~ ♪ を完全なギター・ソロでやってます。 この頃から、演歌のバックでもバッチリ弾ける実力は身につけていたみたいです。

 TVか大阪スポーツか何かで彼のコメントを聞きました 「 僕は、高級なギターは使わないんだ。 そうすると “ 仮に安いギターでもあれだけ弾けるんだ ” と若い子達がもっと夢を持ち始めるでしょ?簡単に弾き始めるでしょ? 」 と。

 彼はしっかりアロハの心を持っています。 このバンド名は決して名ばかりではありません。



 はい、レッワード書きます、、、、、、。



lataz

2010.08.11 Wed | 最近手に入れたLPやCD | Trackback(-) | Comments(-)
Latest article
Category
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。