Profile

James

Author:James
1953年産。鍼灸師。“やしのき興行”代表取締役。所属タレント;やしのきボーイズ、やしのきブラダーズ(以上ハワイアン)、ジェイムズ川口とやしのきロマン(ムード・コーラス歌謡)。趣味;日系ローカルごっこ。山内雄喜の弟子。
(写;まあさん)

Calendar
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Links
QR code
QRコード
Since April 2009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
92年 ハワイ 26
 てな訳でどんどん参りましょう。

 


パンフレットでReggie Berdonに続くのは、な、な、なんと!!!ハワイのスラッキー・ギター界の重鎮 Leonard Kwan !! もう、すごい。かっこいい。大変なんっすから、ほんと。"Opihi Moemoe"なんかでめちゃ有名ですね。


 詳しいこと(書けるかな?????)は次回にまわすとして(まわすんや、、、、)、今回はけっこう貴重なショットを披露しちゃいます。

 


 「92年 ハワイ 7」で紹介させていただきましたUncle Sol と Leonard Kwan の強力2ショット。この写真は Uncle Sol から頂いたものです。


 え~~私ごとですが、もうすぐ宿替えをいたしますので、しばらくこの「やしのき通信」もお休みさせて頂きます。まあ、引越しやなくても「お休み」してましたけどね、、、。

 で、しばらくの間はこの貴重な2ショットを見て、次回が始まるまでお待ち下さい。2~3ヶ月かな???

 それまで、しばしの間お休みさせて頂きます。

mahalos

スポンサーサイト
2010.02.21 Sun | Hawai`i | Trackback(-) | Comments(-)
92年 ハワイ 25
 お久しぶりでございます。永らくサボっておりました。また少しだけ再開しますんで、暫くの間お付き合いの程をお願い致します。ハワイアンを聞いておりますと我々同様という頼りな~~い奴が出て来まして「キーコ、いてるかいな?、、、、」


 パンフレットの次のページをめくりますとトップに出てきたのが Reggie Berdon !!



へえ~~~~っ!こんな人出とったんですねえ~~~~、、、、、。

 完全に他人事ですね、、、、、。

 First Break Recordsで1978年にアルバム「Reggie!」(First Break Recrds 7003)を出していた Reggieです。

 




 あ、先に言うときます。このフェスでの彼の存在、演奏内容は気持ち良いぐらいに見事に一切覚えておりません。当時、ハワイ音楽の知識はほぼゼロに近かったもんで、、、、。申し訳ございません。

 はい?「こんな素晴らしいプレイヤーを見ていて何も感じなかったのか?」って???

 申し訳ない、ちょうどホールの筋向いにある小さなスーパー・マーケットで「これ以上甘くならんやろ、、、、」というようなアイスクリームを買いに出ていたと思います、、、、。

 せっかくなんで、このアルバムの紹介をさせて頂きます。

 内容はハワイ語曲が多いですね。"Manu O'O" "Pauoa Liko Ka Lehua" "Nani Kaua'i"とか有名な曲をやってます。でもサウンドがトラッドに根ざしたけっこうディープなコンテンポラリーでちょっと普通のハワイアン・サウンドとは異なります。でも一度好きになってしまうとまず、止める事の出来ない魅力に捕まってしまいます。
 行ったこともない70年代のハワイへトリップさせてくれます。サウンドと同様にボーカルも土臭い中に暖か~~~い優しさが一杯で、濃~~いホントのハワイに触れたような感じがします。

 Reggieは 伝説的なGabby Pahinui や Atta Isaacsのスラッキー・ギター・プレイヤーとも共演したことがあるそうです。すごいなあ、、、。

 このアルバムのサウンドの要となっているのは、ナイロン・ギター弦のSterling Kahalepunaという人。このアルバムのかっこいいギターはReggieが弾いていると思ったら、Sterling Kahalepunaって人でした。



 1978年に発表された同じ様な内容とアルバム・ジャケットの「Nat!」(First Break Records 7002)でもSterling Kahalepunaがギターを弾いております。これまた同じ様に素晴らしい内容をもつアルバムで「Reggie」と共にCD化してもらいたいもんです。Cord International社様、よろしくお願いします。







Reggie のアルバムにボーカルで参加しているのが、これまたおなじみkaren Keawehawaii。ハワイのソング・バードことLena Machado 系のボーカルを決めてくれるハワイを代表する女性シンガーです。彼女のファースト・アルバムも、このFirst Breakから発売されました。

 「Karen」(First Break Records 7004) 1979年

karen2.jpg

 バックには有名なJerry Byrd( steel guitar) 、Rene Paulo(p) に Sterling Kahalepunaのギター。アルバム・プロデュースは全てBob Nagataniと言う人。恐らくオーナーでしょう。「Nat」「Reggie」のような独自なサウンドではなく、けっこうオーソドックスなハワイアンです。まあ、Jerry Byrdが入っているしね。


 Reggieはこのアルバムだけでしか聞けないのかな?と思っていたら、ありました。

 「Big Island Conspiracy/Reflective But Unrepentent」(MCMXIX DEEP KA'A KA'A RECORDS DKCD 1999) 1999年

  



 このグループは6人組ですが、そこの中心的な人物がReggieです。内容はプロテスト・ソングっちゅうか、Kaulana Na Pua的内容の楽曲であります。Reggie も数曲歌っていて、あのアルバム「Reggie」的なサウンドが楽しめるので彼のファンの方は是非聞いてみて下さい。



  って、えらそ~に書いてますが、Reggie Berdonが何をやっていたのか覚えてないんですよね~~~、、、、、。ホントにアイスクリームを買いに出ていたのかも、、、、、。

 でも、そのアイスクリームが徹底的に甘かったのだけは鮮明に覚えております。アメリカの“甘さ”をナメてはいけませんよね、、、、。

See 'ya !
 

2010.02.14 Sun | Hawai`i | Trackback(-) | Comments(-)
あははは、、、、
 一ヶ月以上何も書かんと、ぼ~~~っとブルースばっかり聞いていたら、ブログに「ハワイ関係の広告」が載せられておりました。

 「一ヶ月以上更新のないところ」に入れるそうです。

 記事を書いたら消えるそうです。

 「ハワイ島・ヒロ」でのスラッキーの話を書いておりましたが、プログラムの次のページには何んと!!!あの、Reggie Bordenが出ていたんです!!!!

 そうです、あの「Reggie」ってLPで有名な人です。私は全く気が付いておりませんでしたし、もちろん見たことを覚えてもおりません。でも、彼に関する事を書きたくて色々調べていたら、、、、、気が付いたらブルースばっかり聞いておりました、、、、。

 また近々、再開いたしますんで御容赦を、、、、、。


spahk you laddh !!


2010.02.08 Mon | Hawai`i | Trackback(-) | Comments(-)
Latest article
Category
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。