Profile

James

Author:James
1953年産。鍼灸師。“やしのき興行”代表取締役。所属タレント;やしのきボーイズ、やしのきブラダーズ(以上ハワイアン)、ジェイムズ川口とやしのきロマン(ムード・コーラス歌謡)。趣味;日系ローカルごっこ。山内雄喜の弟子。
(写;まあさん)

Calendar
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Links
QR code
QRコード
Since April 2009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ライブのお知らせ
  アロハ !!


  またまた 大阪・天王寺の Tin's Hall 恒例の Hawaiian Party でライブをやらせていただきます。

  沢山のご来場をお待ちしております。来てねっ!!!






やしのきボーイズ
 ☆James 川口 (uke ,vo)
 ☆秋本 節 ( g, vo )
 ☆岩田 ショー (b)

フラ
 ☆ JUNKO

<ハワイアン・パーティ 内容>

☆2010年 11月28日(日) 

☆ Tin’s Hall 大阪市天王寺区南河堀町10-3   電話 06-6773-5955


☆ オープン6:00pm スタート7:00pm

☆ ドアチャージ¥1200(1ドリンク付き)

☆ええもんが当たる抽選会が10:30pmごろスタート

☆ 店の外で毎回恒例の BBQもあります。

☆メニュー:フリフリチキン 、 ガーリックシュリンプライス





  待ってまあ~~~~す!!!

スポンサーサイト
2010.10.31 Sun | Yashi-No-Ki | Trackback(-) | Comments(-)
Ledward Kaapana    92年 ハワイ   47
   あっと言う間ですね。よそ見をしていたら更新期間がドッカ~~~~ンと空いてしまうのは。

   ビックリしますわ、ほんま、、、、、。

  ビックリと言えば、このアルバムを抜かしてました。

  


「 V.A. / Hawaiian Style Christmas 」 ( Neos Productions V 087 ) 2004



  このアルバムで  Bernard kalua  が " Christmas Luau " を唄ってます。恐らくこのアルバムの為に録音されたものだと思います。

 つまり彼の最新録音(?)です。め~~~~っちゃ良いです。スラッキー・サウンドに乗せて。

  しかも、プロデュースが 90年代から10数年間 ハワイアン・コンテンポラリー界のトップを担ってきた  Neos Productions です。 その時代の勢いに乗っている会社がスラッキー・サウンドを味付けするから、出てくる音に“ 今 ” 感があるんです。

  ここが肝ですね。そこに、とことんダ・カインな Bernard kalua  でしょ?

  もう気分はワイキキから車で50分は離れているローカルのお宅でのクリスマス・パーティですよ。私は体験した事ないけど、ハワイのクリマス・パーティはこんなんですよ。聞くところによると、、、、。


  しかし、バックは誰が演奏してるんでしょうね???メンバーのクレジット? ありますかいな、、、、、。
  

  このアルバムには他にも有名、無名の様々なアーティスト達でいっぱいです。どれもこれも満足度の高いナンバーばっかりです。



 あ、送ってきましたハワイの電話帳みたいなん、、、、。


( Olinda Road Distribution )


 気になっていた 「 2002 年の改訂版か???」 ってとこ、、、、、、。


 思いっ切り  1999 年版でした。 あのサイトの  2002 って何??????

 はい、同じものを2冊抱えてます、、、、嬉しい本ですからOKですが、、、、、。


lataz




2010.10.18 Mon | Music - Hawaiian | Trackback(-) | Comments(-)
Ledward Kaapana    92年 ハワイ   46
やっと本題のレッワードに取り掛かり、彼のニュー・グループの1st アルバムの紹介も終え、さて グループ名変更後の作品を、、、、、と思っていたんですが、、、、、。



「 I Kona / Ka Lua O Ka Manawa 」 ( Pumehana Records PS 4922 ) 1981


 これが、そのグループ名変更後の作品です。

  思ってたんですが、、、、、、。師匠、山内雄喜著の 「 ハワイアン・スタイル・ウクレレをかる~く弾こう 」をパラパラと見てたんです。




(  インターリンクプラニング )    2010

これね。この本ね。


 その少し前にも師匠は 「 ハワイアン・スラック・キー・ギターをかる~く弾こう 」を出してはって。



(  インターリンクプラニング )    2008

これです。この本の中に私が久々にハワイ語音楽について「 ガ~~~ン !!」 と頭を殴られた様な衝撃を受けた箇所があったんです。 それはフレッド・プナホアの唄うレナ・マシャード( 大々々々々好きです )の " None Hula " について書かれている部分で、「う~~~んん、、、、なるほどお~~~、、、、、」と唸ってしまったんです。


   



そんな本のウクレレ編、、、、、、、




 そうそう、これね。これを読んでて、また頭を殴られました、、、、、かなわんなあ、、ほんまに、、、。

 このウクレレ編の29ページ。 「 歴史的なスタイルを創りあげた名プレイヤーたち 」 ってコーナーで、紹介文と共にオオタサンやらエディ・カマエやらのレコード、CDの写真がずら~~っと掲載されてて、その中に 我がレッワードのコーナーも。 Hui Ohana 時代や、お母さん Tina Kaapanaとのアルバム写真も載ってて「ふんふん、知ってる知ってる、、、」と思いながら見てるといきなり、知らないアルバム写真が、、、、、、。

 何さ、この 「 Ni'ihau - Hawaii 」ってレコード、、、、、。こんなん見たことも聞いたことも無いやないの、、、、、。

 何?この Ledward , Nedward , Bernard って、、、、。Bernard って Bernard Kalua のこと????


  待ってえなあ、、、、、たいがい、ここら辺のレコードはマークしたつもりやったんですが、、、、、持ってませんがな、このレコード、、、。焦りますやん、、、、、。


ハワイアンLPがドカッと載っている某サイト見ると、、、、、うわっ、、、、ありますやん、、、、。

 それで見ると  Bernard は Kalua ではなく、 Bernard Kamala 。 本気で知らん名前や、、、、。

 Bernard Kamala で google チェックしてみると カマラいう名前のセント “ バーナード ” 犬がトランペットに合わせて、唸ってるだけの動画、、、、、、、、こいつやないな、、、、、、。

  こんな犬にカアパナ兄弟とセッションされてもな、、、、、。


  そうです。こういった時に手に取る本があるのです。

  ホテルに置いてあるイエロー・ページみたいにブ厚い本ですが、120.000以上の音楽データが収録されていて、曲目からとアーティスト名両方からチェックできる、めっちゃ有難い本です。

  「 誰々はどんなアルバムを出しているの?その収録曲は? 」 「 何々という曲は誰がどのアルバムで歌っているの ? 」 等の質問にバッチリ応えてくれるのです。 


 めっちゃ重宝しますよ。



( Olinda Road Distribution ) 1999


  この本によりますと、 「 Ledward Kaapana , Nedward Kaapana , Bernard Kamala / Ni'ihau - Hawaii 」  ( Pumehana Records PS 4919 ) 1980


では、以下の曲目を演奏している様です、、、、、。

Kawaihoa, Pua mana, Pua Loke, Milolii, Home Grown, Salomila, Manana Warehouse, Pua Hone, Kipola, Kauai Aina Pumehana, Model-T, E Kolu Mea Nui.


  師匠に電話で尋ねますと 「 ああ、レッワードが唄って、サウンドは Hui Ohana だよ。 そんなに焦らなくても売ってるでしょ ? 」 って、どこに売ってますの ?????

  良さそうやなあ、、、、、ええなあ、、、、。 どうせ  Ryo くんとか持っとんやろなあ、、、、。



  ほんで、この本ですが、、、、。


( Olinda Road Distribution ) 1999


 サイトを見てたらまだ売ってました。 私の本は  1999 年の出版ですが、そのサイト( 店 ) では 2002年 の出版ってなってました。

 ただの増刷でしょうか ???それとも 3年分の情報を改訂版として出してくれたんでしょうか ?

 めちゃ気になるんで、ポチッっとクリックしてしまいました。またその内送って来るでしょう。


  と言うわけで、   I Kona の アルバムはまた次回ということになりました。


lataz

2010.10.06 Wed | Music - Hawaiian | Trackback(-) | Comments(-)
Ledward Kaapana    92年 ハワイ   45
今回のタイトル「 Ledward Kaapana    92年 ハワイ  」 。最近書いている内容と 「 92年 ハワイ  」 と何か関係があるのかしらん ??? と思う今日この頃です。


  まま、とにかくやっと直接 Ledward Kaapana  のことが書けそうです。 なんせ、すぐに寄り道するからね、、、、、。



「 Na Leo Kani O Punahele / Na Leo Kani O Punahele 」 ( Pumehana Records PS 4908 ) 1978


 若いっ!!! レッワードの顔、若いっ!!! あれ? Hui Ohana の時ってこんなに若い顔してたっけ ???

 これが Hui Ohana 解散後に発表した レッワードの新グループです。

 彼もジャケットの写真の様に、全てから開放されてとことんリラックスして楽しんで弾いてます。 そこへ、ハワイ島のゆるゆる野郎 Bernard Kalua の参加でしょ? 

 ここは名白楽 Bill Murata  にまとめてもらって、こんなに緩やかな素晴らしいアルバムに仕立ててもらいました。

 1曲目の " Noho Paipai " から、ご機嫌なウッド・ペッカー・フレーズがレッワードのギターから出まくりでめちゃ楽しい気分にさせてくれます。

 このアルバムからは、レッワードの代表曲とも言われる " I Kona " が大ヒットを記録しました。 大ヒット言うても 「 抱きしめたい 」 ほど売れてませんけどね。 でもハワイでは大ヒットしました。 

 このヒットがきっかけで、 素敵なグループ名である  Na Leo Kani O Punahele が I Kona って名前になっちゃいましたけどね。


 それぐらい、覚えろよ。って気もあります。 例えば Na Leo Pilimehana   ってすんごくエレガントな女性っぽい グループ名が ただの Na Leo 。 私、いつでもそらんじていられるのが自慢やった Na Waiho'olu'uokeanuenue が Na Wai に、、、、、。 まあ、後期の Na Waiho'olu'uokeanuenue  よりも Na Wai になった方が  " Oh Boy " とか Katchafire や Fiji なんかとコラボレイションした作品が遥かにカッコ良くなっているのは少々悔しいですけどね、、、、。

 また話が、、、、ですが、なんで この 最近の Na Wai とか 私の Ilona Irvine ちゃんの ILONA IRVINE feat. RYAN HIRAOKA / Island Boy とか、なんでディスクにして売ってくれないのさ!?!?!


  話を戻せ戻せ、、、、、すんません、、、、戻します、、、、、。


 え~~~、、、、レッワードの  Na Leo Kani O Punahele ね。

  ひょっとしたら、中~後期の完成された Hui Ohana サウンドを聞き慣れた耳には少々物足らなく感じられるかもしれません。

 しかしリラックスしたかったレッワードが、あの野豚ハンターズの Da Blahlas から引っ張ってきた Bernard kalua と共に「 これぞ、ゆる~~~い ダ・カイン・サウンド 」といったものを作り上げることに成功したアルバムでありました。

  とっても味のある良い作品ですよ。いいですよ~~~~~。


lataz

2010.10.04 Mon | Music - Hawaiian | Trackback(-) | Comments(-)
Ledward Kaapana    92年 ハワイ   44
  あっ!!これ紹介すんの忘れてました、、、、、あはは、、、、、。


  1999年にリリースされた Bernard Kalua の唯一のソロ・アルバムです。



「 Bernard K. Kalua / Pledge of Love 」( B Double K. Productions BDKP-001) 1999


  いいですねえ、、、、この“ 抜け方 ” に “ 抜け具合 ” 。  ぽわ~~~~ん、、、、、。

  私を含めて、日本人がハワイアンを演奏する時まず越えられないないのが、この壁なんです。

  Bernard  は 「 自分が上手に演奏してやろう 」 とか 「 観客や聞き手を感動させてやろう 」 なんて、そんなの一切考えたことありませんからね。

  最近のハワイの録音物を聞くと、たまに「 おやっ? 」 と思うのがありますから、、、、。彼にはそれが微塵もありません。

 ここがレッワードが彼にホレた部分ではないでしょうか? 顔を見たら人間的にも素晴らしそうですしね。

  そのレッワードも3曲、リード・ギターで参加してます。ヤッターっ!!!!

  サンドイッチ・アイル・バンドにも参加していた Eddie Palama のスティール・ギターもかなり効いてます。


  大おススメCDです。

2010.10.01 Fri | Music - Hawaiian | Trackback(-) | Comments(-)
Latest article
Category
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。