Profile

James

Author:James
1953年産。鍼灸師。“やしのき興行”代表取締役。所属タレント;やしのきボーイズ、やしのきブラダーズ(以上ハワイアン)、ジェイムズ川口とやしのきロマン(ムード・コーラス歌謡)。趣味;日系ローカルごっこ。山内雄喜の弟子。
(写;まあさん)

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Links
QR code
QRコード
Since April 2009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
Leonard Kwan    92年  ハワイ    30
 アロハ みなさん

 
 まあ、早い方の復帰でしょ????


  「また明日」って言うたって? そんなん無理にきまってますがな、、、、、。

  ローカル、たまあ~~~~にウソつく、、、、、。


 


 Leonard Kwan はこのTradewinds Recordsに、スラッキーのインストものや歌手のLinda Dela Cruz や Noelani Kanoho 他のバックの演奏で約60曲ほど録音したようです。 


 その一部が、これらのアルバム (LP) で聞けます。



「Party Songs Hawaiian Style」  (Tradewinds Records TS 102)



「Party Songs Hawaiian Style Vol.2」  (Tradewinds Records TS 104)


 いいでしょ?このジャケット。私なんか、まずこのジャケットにいかれてしまいました。


  タイトル通りのハワイアン・スタイルのパーティ用曲集です。これだけで、ウキウキしてしまいますね。

 

 この2枚はCD化されておりませんが、ネット配信されているので聞けますよ。

 ネット配信、、、、、私には完全なる無知の世界ですが、Tradewinds Records の多くのアルバムが配信されていると思います。ビックリしました、、、、、。


 このアルバムのVol.2 にはRayさんの録音も入っているんですよ。と言うても、そこはハワイですから「曲目・タイトル」は違っても、、、、、


「Slack Key 」  (Tradewinds REcords TS 106 )   early 60's

 に入っているやつですけどね、、、、。おっと、これもネット配信されてます。

 
 そうそう、この「Party Songs Vol.2」 (これが、「Black & White 盤」の TS 106 に入って入るのと同じ曲だなんて知らなくて) をLPで探し回っていた頃のお話です。

 昔、Rayさんの家を訪れて、彼のレコード盤の話になって 「RayさんのレコードやCDは全部持ってるけど、1枚だけ未だ持ってないんです」  「どれだ?」  「 " Party Songs  Vol.2 "です」  Rayさんは奥さんのElodiaに 「家にあるだろ?あれを上げてくれ」  って言うんです。彼女は少々困った顔をして  「あるけど、あれは1枚しかないから、、、、」  「いいから、上げてくれ」  「、、、、、」

私は、すかさず「いえいえ、私はハワイの中古レコード屋とかアンティーク店でレコードを探すのが楽しいんです。何軒もまわるのが趣味なんです。ありがとう。またそのうち出会えますから、お気遣いなく」  「そうか、、、?それならいいんだけど、、、、」  「ほんと有難う。でも、きっと買えますから大丈夫です」   Elodiaはかなりホッとした顔をしてはりました。

 でもRayさん本人に  「上げるよ」  と言われたことはとっても嬉しかったです。



 数年後、このレコードは大阪の中古レコード店で買えました。

 あ、それ報告するの忘れてた、、、、。




 ほぼ同内容のこのアルバムの先ずは1枚目 (Tradewinds Records TS 102)。


  これはLeonard のスラッキー・ソロ・アルバムではなく、女性ボーカル・トリオやバリトン・ボイスが素晴らしい Bob Davis ( Tradewinds でソロ・アルバムがあります )等と一緒に演奏して、Leonard は スラッキーの他にマンドリンとかも演奏してます。スラッキーのソロ演奏もありますが、されは「レッド・アルバム」で聞けるものと同じです。 レコード番号が「レッド・アルバム」より若いですが、シングル盤でリリースされていたものを、ここに入れたんでしょう。

  詳しくは山内さんまで、、、、、、。


 そして2枚目 (Tradewinds Records TS 104) では Ray Kane の曲の他に、Alex Cashがウクレレをストラミングして、Leonard Kwan が ウッド・ベースをちょいとジャズっぽく弾いているのがあるんですよ。シンプルやし、めっちゃ楽しいですよ。


 と、私はLPジャケットを眺めて楽しんで聞いております。



 “なるべく”はやく 次、書きます。

書くつもりです、、、、、。




 

2010.08.01 Sun | Hawai`i | Trackback(-) | Comments(-)
Latest article
Category
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。