Profile

James

Author:James
1953年産。鍼灸師。“やしのき興行”代表取締役。所属タレント;やしのきボーイズ、やしのきブラダーズ(以上ハワイアン)、ジェイムズ川口とやしのきロマン(ムード・コーラス歌謡)。趣味;日系ローカルごっこ。山内雄喜の弟子。
(写;まあさん)

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Links
QR code
QRコード
Since April 2009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
Ledward Kaapana    92年 ハワイ   36
今日もハワイ島 カラパナからお送りします、、、、、。

 う~~~~ん、、、、、、、むなしいか、、、、、。





「 Tina Kaapana / Mama 」 ( Poki SP 9004 ) 1974


 「 Ke Kolu 」と同じ年にママのフル・ソロ・アルバムが発表されました。前作の評判が良かったんでしょう。

 見て!!! このソウルフルなジャケット!!!!もう、これだけで買っちゃいます。めっちゃカッコいい!!!

 前作同様、バックは Hui Ohana に  Bill Murata ですから。そしてこのジャケットですから。

 もう聞かなくても内容が素晴らしいということは簡単に想像できます。

 やっぱり聞いてみると全曲「さすが」でありました。 ほんで  " He I'a Nui Ka'u " という曲ではバックの息子達が、また P-Funk みたいに暴れまわっているので、ここも楽しんでね。








「 Tina Kaapana with the Hui Ohana / Alania 」 ( Poki SP 9014 ) 1976


 こちらも同じね。 Hui Ohana のバックに Bill Murata 印のプロデュース。 そしてジャケットが最高!!

 全曲素晴らしいですが、" Aloha Wahaula " と  " Ke Ala O Ka Rose " のバックのダウン・ホームさが秀逸です。


 すごいすごい。ママの作品はどれもこれもハワイアン・ソウルの塊みたいなんばっかり!!!

 「これがハワイアンやあ~~~~~!!」と大声で叫びたい。

 私の若い頃に持ってたハワイアン・ミュージックのイメージ。プール・サイドやビアガーデン、夏場の商店街で垂れ流されていたあれ。あれとは、ま~~~~~ったく違うものがこれです。

 ひよことテニス・ボールぐらい違います、、、、、、う~~~ん、また上手な例えが出来ない、、、、、。

 







「 Portrait Of The Kaapanas 」 ( POKI SP7 9033 ) 1978


 うわあ~~~っ!!こんなアルバムも出てましたあ~~~!!

 レッワードとネッワードにママ、そして二人の姉妹 ( ママの娘、 Rhoda と  Lei Momi ) も加わって本気のハワイ島のディープなディープなホーム・パーティ・アルバムです。

 しかし、この顔ぶれ、、、、、、どんな家族やねん、、、、すご過ぎ、、、、、、、。

 あ、「 ここに倖あり 」に並ぶハワイでの日本語大ヒット曲 「 別れの磯千鳥 」(日系二世のフランシスコ座波、副山たか子 作)をけっこうファンキーにやってくれてます。

 もちろん日本語でです。軽い気持ちで一緒に口ずさんでいたら、一瞬胸にグッとこみ上げて来るものがありました、、、、。


 さすが Bill Murata ですね。こういったボールも投げさすんや、、、、、、。

 娘達のボーカルもソフト&ディープでかなり良いです。


 これらの Mama Tina Kaapana 関係の音源をコンプリート CDボックスで出してくれませんか、 Cord Int. 様、 Hana Ola 様。 よろしくお願いします。

 私のレコードもハワイの中古店で買うたのんばっかりやから、プチプチ言いますねん、、、、。








「 The Best of Mama Tina Kaapana with Hui Ohana 」( Poki SP7 9040 ) 1982


 今までのアルバムからの選曲です。 このアルバムにしか入っていない曲 ? ありません。
 未発表やシングル盤しか出てなかった、、、、、。 だから無いって。 

 私、何年にも渡って何回も何回も見直したけど、出てこないです。今回も見たけど、やっぱりありません。
 私、観察記録が書けるほど見直したんやから、、、、、。









「 Lehua Kaapana Nash / Ki Ho'alu Kaapana Style 」( Jus' Press JPCD 003 ) 1996


直接ママとは関係ありませんが、ママの娘のスラッキー・インスト・アルバムです。

 レッワードが興したレーベルからのリリースです。他にも数枚出しております。ここで紹介してもいいけど、それやり始めたら際限なくなるしね。私も、また「え?今何やってるんやったっけ?」となってしまうんで、また次回にね。ちなみに、レッワード自身のアルバムは出してません。プロデュースだけです。


 何曲かでベース音が聞こえますが、レッワードが弾いてるんかなあ、、、、????


 とても女性とは思えないワイルドで力強いサウンドが魅力の、私の大好きなアルバムであります。レッワードとはまた違った味わいで Kaapana family の懐の深さを感じさせられます。

 スラッキー演奏は最高で何の注文もありませんが、この顔でしょ? 歌えるに決まってるんですよ。歌も聴きたかったです。


  次回はまた Hui Ohana 4th アルバムからね。


lataz

2010.08.15 Sun | Music - Hawaiian | Trackback(-) | Comments(-)
Latest article
Category
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。