Profile

James

Author:James
1953年産。鍼灸師。“やしのき興行”代表取締役。所属タレント;やしのきボーイズ、やしのきブラダーズ(以上ハワイアン)、ジェイムズ川口とやしのきロマン(ムード・コーラス歌謡)。趣味;日系ローカルごっこ。山内雄喜の弟子。
(写;まあさん)

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Links
QR code
QRコード
Since April 2009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
Ledward Kaapana    92年 ハワイ   43
  アロハ !!

 では早速 Hui Ohana 解散後の Ledward Kaapana の活動を追って行く事にしましょう。

  Hui Ohana のラスト・アルバム 「 Aloha Pumehana 」 ( Ledward Kaapana 92年 ハワイ 39  を参照してね ) をリリースした、その同じ年の 1978年にレッワードはニュー・グループ Na Leo Kani O Punahele としてアルバムを発表しました。



「 Na Leo Kani O Punahele / Na Leo Kani O Punahele 」 ( Pumehana Records PS 4908 ) 1978


メンバーはリーダーのLedward Kaapana , Alika Odom ( g )  そしてハワイ島のグループ Da Blahlas ( blahla とはハワイ人のタフ・ガイって意味です ) のメンバーであった Bernard Kalua ( b ) 。

水色の着物(?)を着た、ハワイの新弟子みたいなんが Bernard Kalua です。



  ええ、、、、ほんまは、さっさとレッワードの Na Leo Kani O Punahele に行けばいいんですが、、、、、。



  すんません、先に Bernard Kalua のいた Da Blahlas を紹介させてね。




「 Da Blahlas / Da Blahlas 」 ( Poki Records SP 9015 )       1976


そうです、Poki Records からです。ってことは、、、、、ピンポ~~~~ン!!!! プロデュースは Bill Murata です。 ダウンタウン・ホノルルのカメハメハ大王像という、とんでもない観光スポットで写真を撮ってもこのローカル指数の高さ!!!

  彼のプロデュースでこのアルバム・ジャケット。サウンド内容も簡単に想像つくでしょ? もう正に正真正銘のダ・カイン・サウンドです。 Hui Ohana みたいな一級品では全くありません。


 「 今な、野ブタ捕まえて来たとこやねん 」 みたいな奴ばっかりの集団です。

  ただのバック・ヤード音楽。 それではレコードとして出荷できないので Bill Murata が少々魔法をかけて、ようやく人前に出せる商品に仕上げたのです。

 本来の味を損なうことなく、最高のダ・カイン・アルバムが出来上がりました。これをさせたら Bill Murata は天下一です。

  大迫力のスラッキー・インストもあるしね。バッチリなアルバムです。






「  Da Blahlas / Ka Iua O Ka Manawa 」 ( Pumehana Records PS 4907 )       1978


  これもPumehana Records ですから、Bill Murata のプロデュースです。安心してください。

   ん?、、、、、心配してなかった? どうも、、、、、。
  

  このアルバムで Bernard は数曲参加してます。全曲ではありません。ジャケットにも写っていませんね。


  一作目に比べるとアルバム全体として、ほ~~~~んの少し洗練されてきたかもしれません。つまり、普通のBill Murata プロデュースのダ・カインなアルバムになった、、、ってことです。 誤解の無いように言わせていただけると、、、、、それって、「 ハワイのめちゃカッコいいアルバム 」ってことですから、、、、。

 " Opihi Moemoe #2 " とかスラッキー・インストもバッチリやってますよ。


ダ・カイン風味はまだまだタップリ残ってますからね。
  





「  Da Blahlas / Ka Iua O Ka Manawa 」 ( Pumehana Records PS 4907 )       1979


この3枚目のアルバムも前作と同系の作品です。もちろん、Bernard kalua はいません。



   さて、その Bernard kalua 。1978 年に Da Blahlas の2枚目を数曲録音して、同年リリースのレッワードの Na Leo Kani O Punahele のアルバムでは全曲参加ってことは、、、、途中で Bernard がヘッド・ハンティングされたってこと ?????




 うううううううっ、、、、、思った通りですわ、、、、、、、。


 次回に続く、、、、、、、。   思った通りや、、、、、、。











2010.09.29 Wed | Hawai`i | Trackback(-) | Comments(-)
Latest article
Category
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。