Profile

James

Author:James
1953年産。鍼灸師。“やしのき興行”代表取締役。所属タレント;やしのきボーイズ、やしのきブラダーズ(以上ハワイアン)、ジェイムズ川口とやしのきロマン(ムード・コーラス歌謡)。趣味;日系ローカルごっこ。山内雄喜の弟子。
(写;まあさん)

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Links
QR code
QRコード
Since April 2009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
Waiahole Ditch Band (Atherton Pacific Pro. 042)


Waimanalo出身の、、、、あ、前回「Ilonaちゃん特集やります!!」言うてましたが、ウソつきました。言い訳です。やるなら、本気の「Ilonaちゃん特集」をやりたいので、準備時間ちょうだい。で、Waimanalo出身の男性4人組です。

こいつら絶対Country Comfort (ハワイアン・コンテンポラリーの代表的バンド。未聴の方は蛍池のハワイキでリクエストして下さい。)に憧れてます、目指してます。彼らのカバー曲はやってませんが、全体のサウンドとその間を駆け抜けるようなギターが良く似てるんです。2000年産ですが、この時代によく、こんなん出しましたね。1曲目はカントリー・ロックですが、これもCountry Comfortマナーのひとつですもんね。

しかし"Rainbow's Song","Waikiki"(オリジナルです),"Windward Side"あたりのギターや全体のムードはよく似てますね。"Waimanalo"って曲の歌詞には"I smell smoke , I smell hibachi , Country Comfort music is in the air"。泣けますがな。まずはヒバチ!!ハワイで言うBBQ用コンロのことです。いいでしょ?ハワイしてるでしょ?
そして"Country Comfort music is in the air"。やっぱり 言うとるなあ、、、。この"in the air"っていうのが良いですね。ワイマナロの空気に音楽が溶け込んでますよね。

彼らは本来ちょっと荒っぽいサウンドのバンドやと勝手に推測します。でも、それをフランス人の有名プロデューサー、スタジオ・オーナー、キーボード・プレイヤーであるPierre Grillが、ちょうど頃合の良いサウンドに仕上げているんです。プロデューサー名義はメンバーの二人ですが、録音がピエールのスタジオですから、的確なアドバイスがあったと思われます。彼はハワイの荒っぽいレゲエ・バンドやロック・バンドをプロデュースすると魔法の粉をふり掛け、実に素晴らしい商品に仕上げてくれるのです。Dave Tucciaroneと並んで90年代以降のハワイアン・ミュージック・シーンを支える重要人物なんで覚えておいてね。今度の試験に出ますよ、ここ。

とにかくCountry Comfortが大好きな人はチェックしてみて下さい。

2009.04.17 Fri | Music - Hawaiian | Trackback(-) | Comments(-)
Latest article
Category
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。