Profile

James

Author:James
1953年産。鍼灸師。“やしのき興行”代表取締役。所属タレント;やしのきボーイズ、やしのきブラダーズ(以上ハワイアン)、ジェイムズ川口とやしのきロマン(ムード・コーラス歌謡)。趣味;日系ローカルごっこ。山内雄喜の弟子。
(写;まあさん)

Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Links
QR code
QRコード
Since April 2009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
92年 ハワイ 5 (おまけ)
 以前に書きました「92年 ハワイ 5」のちょっと続きとして読んで下さい。

 この92年のハナ/マウイは私にとって2回目で、初ハナは89年でした。

  Hana/Mauiと言えば何でも雑貨店のHasegawa General Storeですね。




 これがその時(89年)の看板の写真です。

 「その時」というのはその後、同店は放火にあって92年に行った時には、道路の向かい側に建て直されておりました。





 1910年創業だそうです。これ以下も89年の時の写真ね。





 ドキドキ・ワクワクのワンダー・ランドです。ほんと、何でも売ってます。 





 写りが悪くてすんません。でも雰囲気は良いでしょ?

 
 店でハワイアンやSoul/R&BのLPを探しましたが、ありませんでした。その昔はRay KinneyのLP盤やSP盤とかが売られていたんでしょうね、、、、。う~~~ん、、、、想いを馳せてしまいますね、、、、。

 でもハワイアンのカセット・テープは売られてました。当時、私はハワイアンの知識がほとんど無かったんで若い女性の店員に「何かハワイアンの歌もので、おススメある?」って聞いたら「これは?」って教えてくれたのが、これ。なんや分からんけど、良さそうなんで買いました。そしたら大当たり!!!




 伝説のトリオ Hui Ohana のメンバーであったDennis Pavaoのソロ・アルバム第二弾です。
 ちょうど、この時借りていたレンタカーにカセット機能が付いていたんで(あんまり付いてないでしょ?)、帰りのHana HWYと翌日のハレアカラ山へのドライブに最高のBGMとなり、今でも私は彼のソロ・アルバムとなれば、この2ndが一番好きです。 
 全くの駄作曲一切なし。素晴らしい曲ばっかりですが、特にKaimuki Hula, Alekoki それに
涙のHawaiian Soulには完全にノック・アウトされます。一家に一枚の必携盤です。もちろん、この後でしっかりオリジナルLP盤を買いましたよ。
 このカセットは。常に車で聞いてたんで、テープがヨレて再生不能となりましたが、このカセットは未だ大事に持っております。

 あ、レコードの話になると熱くなってしまうので、今日はこれぐらいに、、、、、、。


 話をHasegawa General Storeに戻して、、、、と。

 店内をウロウロしてたら、、、、、、あった!!!!




  "Hawsegawa General Store"のシングル盤です。
 Waikiki Recordsのスリーブもいいでしょ?

 店で店の歌を売ってるんや、、、、、。見た時は感激、、、、と同時に「お商売上手、、、、」と思っちゃいましたが、しっかり買いました。今はCDで売ってるそうです、、、。




 こちらはシングル盤のB面ですが。スリーブと盤に渡って貼られているシール見えます?ブルーの文字でHasegawa General Storeってタイプされているんです。 $2.29でした。


 この"Hasegawa General Store"って曲は何人ものアーティストに歌われております。私が調べただけで9アーティストもありました。





 そして我が家に唯一あった、同曲の収められているLPがこれです。「Hoopii Brothers/Kauna」(Poki Records 9030)。




 読めますか? Side Oneのラスト、6曲目が"Hasegawa General Store"になってます。このアルバムのプロデュースはめ~~~~っちゃすごいハワイのプロデューサーBill Murataです。Makaha Sons of Ni'ihau , Hui Ohana , Lim Familyを始め、数多くの名作ハワイアン・アルバムを生み出してくれた我々にとっての恩人であります。特に70~80年代のハワイ音楽界は彼を抜きにして語ることが出来ません。






 えっ!?おやっ?!このLPのプライス・シールを見れば、、、、な、なんとHasegawa General Storeで売ってたLPではありませんか、、、。 $6.98です。このアルバムは1978年産ですから、その当時はこのLPが売られていたんですね。回りまわって私の買ったハワイの中古店にたどり着いたんでしょう。


 このアルバムのライナー・ノーツを見れば、右下のベース担当のKaleoは同店の倉庫管理者として一時期働いていたそうです。


 
 



 





2009.10.22 Thu | Hawai`i | Trackback(-) | Comments(-)
Latest article
Category
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。