Profile

James

Author:James
1953年産。鍼灸師。“やしのき興行”代表取締役。所属タレント;やしのきボーイズ、やしのきブラダーズ(以上ハワイアン)、ジェイムズ川口とやしのきロマン(ムード・コーラス歌謡)。趣味;日系ローカルごっこ。山内雄喜の弟子。
(写;まあさん)

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Links
QR code
QRコード
Since April 2009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
92年 ハワイ 19
 Elodiaが「RAY,あなたギターを弾かないの?」

 「おお、そうじゃそうじゃ、、、」とゆっくりと横にあったギターに手を延ばしました、、、、。

 夢とかで想像する事が、実際に起こり得た瞬間でした。

 ほんとに、あるんです。こういう事が、、、、、。

 あのLPやCDで慣れ親しんできたギターと歌声がここハワイで、つまり NanakuliのRayさんのご自宅で、聞けているんです。




Siddown an' relax 、、、、、、でも緊張もしてます。 そりゃそうでしょう、、、、Raymond Kaneが目の前で演奏、しかも我々の為だけに演奏してくれているんですから、、、、、、、、。

演奏してくれはった曲は確か、、、、"Pauoa Liko Ka Lehua" "Palisa" "Ua Noho Wau A Kupa"、、、あと覚えてません。無理もないでしょう、天国にいて舞い上がってるんですから。とにかく気持ち良かったです。天からのご褒美を堪能させて頂きました。

 みなさん、お手持ちのRay KaneのCDを聞きながら、これを読んで頂くとより感じが分かって頂けるかも分かりません。

 私はただ今、彼の「Punahele」(Dancing Cat) をプレイしながら書いております。しばし、書くのを中断、、、、聞き惚れております。いやあ、、、何回聞いてもよろしいわあ、、、、。
 94年に発売された、一家に一枚の名盤中の名盤です。まあ、彼の作品はどれも名盤ですが、、、、。

 彼の音楽はnahenahe style。 そうです、優しいんです。とても音が優しいんです。しかし、その優しさの中に隠されたハワイ独特の土の香に溢れた土着的でスリリングなサウンド、歌声。これがまた、たまらないんです。そして、、、、、。

 あ、私の講釈はまた次回にして、、、、。


 Rayさんが「君らは、いつ結婚したんだ? そうか、、、」と聞いてくれはって歌い始めたのが "Ke Kali Nei Au (Hawaiian Wedding Song)" でした。 




 聞き惚れていると、いつしか女性のきれいなファルセットが空気のようにスーッと聞こえて来るんです。ほんとのハワイの、Nanakuliの空気のように自然と一体化した声が、、、、、。奥さん、Elodiaのファルセットでした。

 ただ、溜息しか出ません、、、、素晴らし過ぎて、、、、。

 家の外も内もNanakuli、、、、、、全部Nanakuli、、、、そんな場所で、こんな音楽、、、、、。

2009.11.25 Wed | Hawai`i | Trackback(-) | Comments(-)
Latest article
Category
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。